ここから本文です

世界選手権メダル最有力も 池江璃花子が戦う“本当の敵”

7/1(土) 12:15配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 女子競泳のエースである池江瑠花子(16)がメダルの最有力候補に浮上である。

 世界選手権(7月23日開幕=ブダペスト)の選考会を兼ねた競泳の米国選手権は29日(日本時間30日)に3日目を行い、女子100メートルバタフライで池江のライバルであるケルシー・ウォレル(22)が57秒38で優勝。世界選手権出場を決めたが、57秒38は今季の池江の自己ベスト(56秒89=世界3位)をも下回る8番目のタイムだ。

 池江は銅メダルを獲得した昨年12月の世界短水路選手権(カナダ・ウィンザー)で、短水路の日本記録(55秒64)をマークしながら2位ウォレルには0.42秒及ばなかった。3週間後に迫った世界選手権開幕を前にライバルのタイムを上回ったのは好材料とはいえ、池江にとってはむしろマイナスになりかねない。ライバルを甘く見て隙ができるからだ。

 池江は自身の性格について「調子が良かったり、いい練習ができると本番で油断してしまうことがある」と話している。4月の日本選手権では史上初の5冠達成も、全種目で自己ベスト更新を目指しながら一つも届かなかったのも「甘く考えていた」(池江)からだという。

 池江は世界選手権で最大8種目(リレー含む)に出場予定。5月以降は泳ぎ込みに加え、陸上トレによるスタミナ強化にも励んできた。長水路が舞台の世界選手権での無冠返上はメンタル次第か。