ここから本文です

「スペース・スクワッド」2人のギャバンが蒸着!春田純一はゴーグルブラックに変身

7/1(土) 12:18配信

映画ナタリー

「スペース・スクワッド ギャバン VS デカレンジャー」の大ヒット御礼イベントが、6月30日に東京・109シネマズ木場にて開催され、石垣佑磨、大葉健二、春田純一が登壇した。映画ナタリーでは、同イベントの様子をネタバレを交えてレポートする。

【写真】石垣佑磨(他33枚)

「スペース・スクワッド ギャバン VS デカレンジャー」は、東映の特撮ヒーローたちがチームを結成する「スペース・スクワッド」の第1弾として製作されたVシネマ。「宇宙刑事ギャバン」と「特捜戦隊デカレンジャー」のヒーローたちが、宇宙にはびこる巨大犯罪組織に立ち向かうさまを追う。

「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」「宇宙刑事 NEXT GENERATION」シリーズに続きギャバンtypeG / 十文字撃を演じた石垣は、「もう一度ギャバンで主役をやりたいと、プロデューサーとずっと話していた」と振り返る。本作のオファーを受けた当時の心境を聞かれると、ギャバン / 一条寺烈役の大葉は「まだ出なきゃいけないのか、みたいなね」とはにかむ。しかしこれまでの作品では烈から撃へ、ギャバン継承のシーンがはっきりと描かれていなかったことから「僕も心に残ってるものがありまして。そういうシーンがなかったから、2代目として認めてないんじゃないか?みたいなところがあったからね。だから今回の台本を読んで、うーん……やった!ってね」とガッツポーズで再現。そして今回の敵となる「巨獣特捜ジャスピオン」のマッドギャランに声を当てた春田は、「30年ぶりにマッドギャランが復活! これはオファー受けないわけにはいかないでしょう!」と断言した。

本作では、烈が撃にレーザーブレードを渡すシーンが見どころとなっている。脚本打ち合わせ等にも参加した石垣は「もう何回打ち合わせしたか!っていうくらいこのシーンを大事に考えてました。烈の魂=宇宙刑事の魂、そしてそれを俺が引き継ぐっていうのが今回の映画の肝なんです」と熱を込める。大葉は、その撮影を「渡したときに、(石垣が)泣きそうな顔してるんだ。じゃあこっちは笑ってやろうかなって思って、『重いだろこの野郎!』って言いました(笑)」と語った。

春田と大葉が過去の共演作を振り返る中で、それぞれ東映撮影所で「科学戦隊ダイナマン」「宇宙刑事ギャバン」を撮影していたのが同時期だったことに言及。春田は「俺ら5人なのに、宇宙刑事は1人じゃないですか。カッコいいな、1人のほうがいいなって思いながらやってたね(笑)」と告白する。今回はマッドギャランとして2人のギャバンと共演し「俺は“マッドギャバン”でもいいんだけどね? もう銀が黒になってもいいんじゃない?」と言う春田に、石垣は「宇宙刑事、やりたいんですね」と笑った。

ここで観客との質疑応答を実施。「スペース・スクワッド」シリーズの続編にて、春田は「科学戦隊ダイナマン」のダイナブラック役、大葉は「電子戦隊デンジマン」のデンジブルー役でオファーが来たらどうするかという問いに、それぞれ「それはもちろん出ますよ!!」「あんパン食べるよ」と回答してファンを沸かせる。また「烈は撃にレーザーブレードを渡しましたが、今後何で戦うんですか?」と質問が上がると、大葉はほかの2人に「なんだと思う?」と質問。春田と石垣は「素手でしょ、素手!」「僕も素手だと思います」と返し、笑いを誘う。しかし大葉は「僕、レーザーブレードあと20本くらい持ってるんですよ」と発言してさらなる大爆笑を巻き起こし、「本当は素手で戦って、相手の剣を奪い取ります。ギャバンダイナミックは手でやります」と続けた。

そして終盤には観客から、必殺技のリクエストが。春田は「必殺技、なんだっけ?」と何度も石垣に確認したのち、マッドギャラクティックを披露。石垣はギャバンコズミックダイナミック、大葉はギャバンダイナミックを見事にパフォーマンスした。さらに石垣と大葉が「撃、行くぞ!」「光を超えるぜ!」というセリフからそろって蒸着してみせ、春田は「大戦隊ゴーグルファイブ」のゴーグルブラックの変身を実演した。

最後の挨拶では春田が「またこの続編でオファーがあったらすぐ出ます! それまでご期待ください!」と、大葉は「あと2回くらい観に来ても大丈夫ですからね」と観客に語りかける。そして石垣が「『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が最後の出演映画となった西沢利明さん。コム長官にこの作品を捧げたいと思って作りました」「皆さんに感謝しています。僕はみんなのことをヒーローだと思っています!」と話し、イベントを締めくくった。

「スペース・スクワッド ギャバン VS デカレンジャー」は、109シネマズ木場ほかで上映中。7月19日にはソフトも発売される。





(c)2017 東映ビデオ・バンダイ・東映AG・日本コロムビア・東映

最終更新:7/1(土) 12:18
映画ナタリー