ここから本文です

ノンスタ井上「土屋太鳳とキスさせてくれ」に会場がドン引き

7/1(土) 10:57配信

Movie Walker

夜神里奈の同名少女コミックを映画化した『兄に愛されすぎて困ってます』(公開中)の公開記念舞台挨拶が7月1日に丸の内ピカデリーで開催され、土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、杉野遥亮、井上裕介(NON STYLE)が登壇。井上が「監督に、次回作があれば『土屋太鳳とキスさせてくれ』と言った」と衝撃発言をお見舞いし、会場をドン引きさせた。

【写真を見る】土屋太鳳、ピンクのノースリーブドレスで笑顔!片寄涼太も登場

本作は、ピュアな女子高生・せとか(土屋)に訪れた突然のモテ期を描くラブストーリー。井上にとって、本作の舞台挨拶参加はこの日が初めて。イケメンに混ざって井上が登場すると会場はザワザワ。井上は「なんだこのヤロウ!ザワザワするんじゃないよ、バカ!」と叫び、笑いを誘った。

劇中で、井上から“壁ドン”を受けた土屋は「とても速いスピードの壁ドン」と述懐。片寄が「井上さんには学ぶところばかり。スピード感とか」と印象を明かすと、井上は「GENERATIONSの方がスピード感あるやろ!圧倒的に!」と声を大にしてツッコんだ。また、千葉に対しては「あのかわいさほしい!」と嫉妬心をあらわにし、千葉から「おあげできなくて残念です」と言われるなど、井上の数々のぼやきに会場は大盛り上がりだった。

またボックスから質問カードを引いて、一同がそれに答えるコーナーも実施。「次に違う役をやれるとしたら、どの役がいい?」との質問に対して、井上は「片寄くんの役がいい」と回答。「だって、太鳳ちゃんみたいなおきれいな方と恋に発展する役。打ち上げの時にも監督に『次回作があれば、土屋太鳳とキスさせてくれ』と言った。いつでもキスシーンの準備はできています」と意気込んだ。会場が悲鳴に包まれると、井上は「一人ずつキスしていくぞ!」と観客をおどしていた。

ステージでは片寄の隣に立っていた井上だが、「足、ながっ!」と片寄のスタイルのよさに驚く一幕も。足の長さを比べ合うと、そのあまりの差に片寄も会場も大爆笑だった。【取材・文/成田おり枝

最終更新:7/1(土) 12:34
Movie Walker