ここから本文です

アビスパ福岡と湘南の連勝が継続…徳島が3位浮上/J2リーグ第21節

7/1(土) 22:15配信

GOAL

明治安田生命J2リーグ第21節が7月1日、11試合行われた。首位のアビスパ福岡と2位の湘南ベルマーレがそろって勝ち、ともに勝ち点を43に伸ばした。徳島ヴォルティスは3戦連続の大量得点で連勝を3とし、3位に浮上した。

FC町田ゼルビアはFW中島裕希の2ゴールなどで3点のリードを奪い、80分に1点を返されるも3-1でモンテディオ山形を下した。町田は5試合ぶりの白星。ジェフユナイテッド千葉はFW清武功暉の3試合連続ゴールやFWラリベイの2ゴールなどで大量4点を奪い、4-1で大分トリニータに勝利。

京都サンガF.C.は0-0の終了間際にMF小屋松知哉が先制ゴールを挙げ、1-0でザスパクサツ群馬を退けた。群馬は5連敗。松本山雅FCは1-1で迎えた85分、MFセルジーニョが移籍後初ゴールで勝ち越し。2-1でレノファ山口FCを下した。福岡は64分にPKで挙げた先制点を守り切り、1-0でFC岐阜に勝利。首位を守った。湘南はDF島村毅とFWジネイのゴールで2点を先行すると、57分に1点を返されるもリードを守り切った。2-1で名古屋グランパスを下し、4連勝。

横浜FCは現在得点王のFWイバが2得点を挙げる活躍も、2つのPKなどで3失点。2-3でツエーゲン金沢に敗れ、3連敗となった。金沢は3連勝。ファジアーノ岡山はFW赤嶺真吾の2ゴールなどで3得点を奪い、5連勝中と波に乗る水戸ホーリーホックを圧倒。3-0で岡山が完勝し、これで7戦負けなし。

V・ファーレン長崎は0-0で迎えた83分にMF澤田崇が先制ゴールを挙げる。これが決勝点となって1-0でカマタマーレ讃岐を下した。讃岐は3連敗。徳島は同点の60分にオウンゴールで勝ち越しに成功すると、64分にはFW渡大生が3試合連続ゴール。75分にも渡のゴールが生まれ、4-1で愛媛FCに完勝。徳島は3戦続けての大勝で3連勝。

ロアッソ熊本はMF上村周平のJリーグ初ゴールなどで前半に3点を奪うと、後半にも1点を加えて東京ヴェルディを突き放した。4-0で熊本が勝ち、監督交代後初の白星となった。東京Vは5試合ぶりの黒星。

試合結果は以下の通り。

明治安田生命J2リーグ第21節

7月1日

モンテディオ山形 1-3 FC町田ゼルビア

ジェフユナイテッド千葉 4-1 大分トリニータ

京都サンガF.C. 1-0 ザスパクサツ群馬

レノファ山口FC 1-2 松本山雅FC

アビスパ福岡 1-0 FC岐阜

湘南ベルマーレ 2-1 名古屋グランパス

ツエーゲン金沢 3-2 横浜FC

ファジアーノ岡山 3-0 水戸ホーリーホック

カマタマーレ讃岐 0-1 V・ファーレン長崎

徳島ヴォルティス 4-1 愛媛FC

ロアッソ熊本 4-0 東京ヴェルディ

GOAL

最終更新:7/1(土) 22:15
GOAL