ここから本文です

謎ランキングにマリリン・モンロー? 情報量ありすぎな高田馬場の名物青果商に話を聞いてみた

7/1(土) 17:16配信

ねとらぼ

 学生や会社員で賑わう高田馬場。高田馬場らしさがぎゅっと詰まったような場所、さかえ通りは早稲田口を出てすぐそこにある。

【随時アップデートされる謎ランキング】

 夜になると酔っぱらった大学生と、「お兄さん、キャバクラいかがですか?」のキャッチの姿を良く見ることになる、そんな通りだ。

 さかえ通りに入ってすぐ左手に、昔から構える青果店、加藤商店はある。深夜1~2時まで、老夫婦2人でやっている。この青果店は、通り過ぎるだけでも突っ込みどころが満載なのだ。

●なぜここに? さかえ通りの青果店

 価格帯はリーズナブル、そして鮮度も良い。一般的に見ても、ぜひ利用したいと思えるほどのクオリティーの青果店だ。

この青果店はいつからやられてるんですか?

昭和5年。私で3代目だね

てことは、えーと……1930年からなんですね。もうすぐで創業90年じゃないですか! すごい

近くの居酒屋の魚清さんとかも私良く行くんですけど、そこの店主さんも、このさかえ通りはどんどん昔のお店がつぶれて新しい飲食店ができてるんだって言ってました。

あそこは元鮮魚店で、魚をさばかせれば最高の店だったよ。息子さんも頑張っているよね。

なるほど、魚清さんも加藤商店さんも数少ない昔からの経営者なんですね。ちなみに失礼なんですけど、売上とかってどうなんですか……?

知ってる? うちって、23時くらいが一番売れるのよ。酔っぱらいが買っていくんだよね。

23時がピークの青果店……! さかえ通りならではって感じがしますね。

この前なんて3000円のスイカを5人のサラリーマンが酔っぱらって買ってってさ。あっという間に1万5000円。

お家で待ってる奥さんびっくりするでしょうね。

まあでも、売上は20年前と比べて落ちたよね。平成4年(1992年)のころは今とは比べものにならないくらいウハウハだったよ。

バブルすごい

●夜になると貼られる「自分ランキング」

 なんといってもつい見てしまうのが、この謎ランキング。「誰が、なんのために書いているのか?」「そもそもなんのランキングなのか?」――。随時アップデートするこの張り紙は、目の前を通り過ぎる人々の心を一気に捉えてしまう。そしてこの独特の字体。す、すてきすぎる……。

これって、ご自身で書かれているんですか?

もちろんよ! うちの猫とかかなり人気でね。この前は俺のが下だったよ。4位かな。 ピコ太郎もランクインしてたなあ……

 どうやらランキングの基準は全てが店主の独断、というわけではなさそうだ。

良く思い付きますね本当に

●良く都内に遊びに出掛ける店主

 おもむろに道具箱から小物を取り出してくる店主。

私ね、良く東京近郊で遊ぶのよ。この赤いメガネはディズニー、黄色は銀座用

ディズニーも行くんですね

うん。好きよ。そしてこれはおっぱい測る用のメジャーね

(ダメだ突っ込みが追い付かない)

 店主は場所によって年齢を変えるという。原宿では20歳、銀座で25歳、渋谷でハチ公にあいさつするときは25歳、巣鴨では70歳……。ちなみに奥さんは適当に69歳くらいらしい。店主自身の年齢は非公開のようだ。

●夢はでっかく、世界展開

NHKからも取材来ていてね、吉永小百合に来てほしいと言ったけど、それは無理だったみたい

吉永小百合さんが来たらびっくりすぎます。ご主人はこれからどうしていきたい、みたいな夢とかってありますか?

吉永小百合に会いたい。それと、これからはニューヨーク、パリ、ロンドンに進出していきたいね。それが夢だな。

青果店で、しかもこの年齢でその夢って、すごすぎる!

 青果店としてだけでなく、店主自身も積極的に露出している加藤商店。高田馬場のさかえ通りから発信されるその活躍を、今後も楽しみにしたい。

 「ポスター」「猫」という見た目だけでなく、店主自身も相当ファンキーで面白い人なので足を踏み入れてほしい。年齢からは想像できないほどのパワフルな人柄に圧倒される。そして思うことは、素直に「カッコイイ」に尽きる。その際には仕入れたばかりの新鮮な野菜や果物もチェックするのも忘れずに。

ちなみに、次に書く予定のランキングとかは決まってます?

近々、美尻ランキングを作るよ。

……それ、私入れてもらうことできます?

お姉さんは7位くらいかな。

ありがとうございます! 人に誇れる尻はしていませんが、このコネが実現されると信じて楽しみにしております!

最終更新:7/1(土) 17:16
ねとらぼ