ここから本文です

<広島>首位独走支える丸はなぜ球宴に選ばれない?

7/1(土) 14:15配信

東スポWeb

 首位・広島の勢いが止まらない。30日の中日戦(マツダ)は先発クリス・ジョンソン投手(32)が序盤に先制を許すも8―3とひっくり返して25度目の逆転勝ち。貯金を19とした緒方孝市監督(48)も「打線が追いつかれながらも、取り返してくれた」と目を細めた。3―3の6回無死三塁から決勝打を放ったのは4番・鈴木誠也外野手(22)だったが、お膳立てをしたのは先頭で一塁線を破る三塁打で出塁した3番の丸佳浩外野手(28)。この日は4打数2安打1打点の活躍を見せた。

 ここまで打率はリーグトップの3割3分1厘で13本塁打、51打点の好成績をマーク。交流戦でも打率4割1分1厘、出塁率4割6分9厘、30安打の3部門でトップの成績を残すなど首位を独走するチームを支えている。

 それなのに周囲の評価は成績ほど高くない。象徴的なのが今年のオールスターだろう。ファン投票でも選手間投票でも数字が伸び悩んだ。広島からは新井、菊池、鈴木がファン投票で選出され、選手間投票でも菊池と鈴木に票が集まったが、丸は選ばれずじまい。監督推薦での出場の可能性はあるが、チーム内からは「(セ・リーグ外野手部門で)糸井(阪神)や筒香(DeNA)が人気なのは分かるけど、なぜ選ばれなかったんだろう。成績でいえば丸のほうがいいのに」と同情の声が上がっている。

 丸は「成績は(シーズンが)終わってみないと分からない。目の前の1試合、1試合に集中するだけ」と冷静だが、もう少し正当な評価を受けても良さそうだ。

最終更新:7/1(土) 14:15
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 10:20