ここから本文です

宮野真守が細谷佳正に「待ってるから」とメッセージ、「Free!TM 約束」舞台挨拶

7/1(土) 12:59配信

映画ナタリー

「劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束」の初日舞台挨拶が本日7月1日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの宮野真守、宮田幸季、津田健次郎が登壇した。

【写真】「劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束」ビジュアル(他50枚)

本作は、テレビアニメ「Free!」「Free!-Eternal Summer-」を新規エピソードとともに再構築した「劇場版 Free!-Timeless Medley-」2部作の1本。宮野演じる松岡凛と細谷佳正が声を当てる山崎宗介ら鮫柄学園水泳部メンバーの姿が描かれる。

最初にマイクを握った宮野は「皆さんと一緒に“Free!愛”を語っていきたいです」と挨拶。御子柴清十郎役の津田は、サメの背びれをイメージしたポーズを取りながら「シャーク!」と叫び会場を沸かせる。

作品について宮野は「鮫柄として物語をまとめてもらえるのはすごいうれしい。昨日の夜観たんですが、最初から涙が止まらなかった。僕ら鮫柄は大きなものを抱えて戦っていることがよくわかった」と感想を述べる。また現在喉の治療のため休業している細谷の演技を称賛し、「宗介が出るたびに泣いちゃって、気が付いたら細谷氏にLINEしていたんです。『細谷氏やっぱすごいね』『お前が戻ってくるの待ってるから』とメッセージを送っちゃいました」と裏話を明かす。続けて「今日も『行ってくるから』ってメッセージを送りました」と話した。

似鳥愛一郎役の宮田は「リハ用のDVDをいただいたんですけど、客観的に面白かったんです。誰か1人が欠けてもこうはならなかった。お互いがお互いを補い合っていいチームだなって。リハをするの忘れて見入ちゃいました」と収録前を振り返る。津田は「清十郎が客席にいるのを見て、グッときましたね。見守ってるなあって」と作品の感想を述べ、「客席で後輩たちに檄を飛ばすシーンがいい」と好きな場面を語る。

イベントでは試合シーンでの応援の掛け声について盛り上がる一幕も。また泳ぎのシーンのアフレコについて宮野は「息継ぎはそれぞれこだわりましたね。水の表現がリアルなので余計に」と述懐する。その言葉に津田は「泳いでいるシーンがほとんどない」とぼやく。宮野が「息継ぎやってみてくださいよ」とリクエストすると、津田は「ブハア、ブハア」と本意気で実行。その様子に宮田は「ちょっと遅そうだった」とツッコみ、会場の笑いを誘った。

観客へのメッセージを求められた宮田は「1期のときはこのように劇場版ができるとは思ってもいなかった。応援してくれた皆さんのおかげ」、津田は「テレビシリーズから青春し続けられたこと、そしてこの舞台の上に鮫柄のメンバーとして立てたことがうれしい」とそれぞれコメント。最後の挨拶を振られた宮野は「このシリーズの素晴らしさを改めて実感できました。鮫柄のメンバーがつないでいる絆はなんて素晴らしいんだろうって思いました。皆さんとまた会うことをここで約束します」と述べ、イベントの幕を引いた。

なお七瀬遙、橘真琴、葉月渚、竜ヶ崎怜ら岩鳶高校水泳部メンバーの軌跡をたどる「劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆」が公開中。新作「特別版 Free!-Take Your Marks-」が10月28日より上映される。

※記事初出時より写真を7点追加しました。





(c)2017 おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部 TM 絆 (c)2017 おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部 TM 約束 (c)2017O.K/I.TMY

最終更新:7/1(土) 14:58
映画ナタリー