ここから本文です

リオ銅・高藤「柔道にも生かせる」井上尚弥と合同トレ

7/1(土) 6:05配信

スポーツ報知

 リオ五輪柔道男子60キロ級銅メダルの高藤直寿(24)=パーク24=が30日、柔道男子日本代表軽中量級のスペイン合宿参加のため羽田空港発の航空機で出発した。

 6月27日に横浜市内の大橋ジムへ出向いて、プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=と合同練習を敢行。井上とは合計9分間のスパーリングで手を合わせた。「パンチぐらいかわせると思っていたのに、額にポンと打たれた。しっかり見切れるようになれば柔道にも生かせると思う。ステップでは『力を抜いて』と(井上から)ずっと言われた。参考になる部分があった」。世界王者から学んだステップを柔道にも生かす構えだ。

 今夏の世界選手権(ハンガリー)では2013年大会以来、4年ぶりの世界一を目指す。約1週間のスペイン合宿では世界の強豪選手と練習する予定。「これが(世界選手権前に)外国人と対戦する最後の機会になると思う。しっかりやりたい」と闘志を燃やしていた。

最終更新:7/1(土) 6:05
スポーツ報知