ここから本文です

マライア・キャリーが死海でセクシー水着公開

7/1(土) 16:45配信

東スポWeb

 米歌姫マライア・キャリー(47)がアラビア半島北西部の塩湖として有名な死海を訪れ、セクシー過ぎる水着姿の写真を自身のインスタグラムで公開した。英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。

【写真】マライアのスケスケ衣装

 マライアは最近、イスラエルを訪れて現地の化粧品会社とのコラボによる新製品のプロモーションを行った。そして6月29日(現地時間)、イスラエルとヨルダンに接する死海で休日を楽しんだ。

 サングラスをしてヒョウ柄のセクシーなワンピースの水着を身につけて死海に腰までつかったマライアの巨乳はまぶしく、ナイスボディーが健在なところを見せつけた。

 胸元にはダイヤモンドのネックレスが輝いていた。これは元婚約者のオーストラリアの大富豪ジェームズ・パッカー氏(49)から贈られた50万ドル(約5600万円)のネックレスとみられる。さらに両腕にはブレスレットが輝き、歌姫ならではのゴージャスなムードを漂わせた。

 マライアは2015年6月から資産7000億円といわれるパッカー氏と交際して昨年1月に婚約したが、同年10月に破局した。

 その後、彼女のコンサートでバックダンサーを務めていた13歳年下のブライアン・タナカ(34)と交際を開始。今年4月には双子の子供を連れて前夫のラッパー、ニック・キャノン(36)とデートを繰り返したことで、ブライアンが嫉妬して破局したと報じられたが6月に復縁した。

 2人は以前よりアツアツで結婚秒読みと報じられるなど“恋多き歌姫”も健在のようだ。

最終更新:7/1(土) 17:21
東スポWeb