ここから本文です

杉田祐一、ツアー大会で初決勝…日本選手4人目快挙

7/1(土) 8:05配信

スポーツ報知

◆男子テニス アンタルヤ・オープン第6日(30日、トルコ・アンタルヤ)

 世界ランク66位の杉田祐一(28)=三菱電機=が、ツアー大会で初めて決勝に進んだ。準決勝の最終セットで、相手のマルコス・バグダティス(32)=キプロス=が脱水症状になり途中棄権。思わぬ形で日本男子で坂井利郎、松岡修造、錦織圭に続く4人目の快挙を手にした。決勝で同62位のアドリアン・マナリノ(29)=フランス=と対戦する。

 ウィンブルドンの前哨戦で、杉田の快進撃が止まらない。初めて臨んだツアー準決勝の6―3、6―7で迎えた最終セット。4―1とリードした場面で、相手のバグダティスが棄権。決勝進出が決まった。

 芝コートとの相性の良さを発揮している。6月11日まで行われていたツアー下部大会のサービトン・トロフィー(英国)で優勝。前々週のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ)では、予選2回戦で3セットともタイブレイクにもつれる大激戦で敗退したが、ラッキールーザーで本戦に出場し、1回戦でR・フェデラー(スイス)との対戦を経験した。

 ツアー大会で優勝すれば、日本男子で松岡修造(1勝)、錦織(11勝)以来3人目。今週、世界ランキングで66位と自己最高を更新した28歳が、頂点を目指す。

最終更新:7/1(土) 8:05
スポーツ報知