ここから本文です

ロッテ5年目・加藤が初の1試合4打点「奥さんやファンの応援に応えたい」

7/1(土) 18:03配信

デイリースポーツ

 「ロッテ7-3日本ハム」(1日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテは先発・唐川が6回0/3、6安打3失点で3勝目(7敗)を挙げた。

 三回、加藤の左犠飛で1点を先制。五回も加藤の右越え2号2ランで2点を追加した。六回は田村の中越え2点二塁打、サントスの右線適時二塁打、加藤の自身初の1試合4打点となる中前適時打で4点を加えた。

 プロ5年目の加藤は、「前の打者、走者に感謝します。(1軍復帰後は)ファームで多くの方にアドバイスを受け、奥さんや両親、たくさんのファンの方が応援してくれるので、なんとかもう1回期待に応えたいという気持ちで頑張ってきました。きょうはきょうで僕の中で終わったことと考え、また明日いいプレーができるようにしたい」などと喜びを表した。

 1カ月ぶりの今季3勝目を挙げた唐川は、「(降板の)終わり方が良くなかったので次頑張ります。全体的に攻めてストライクが先行でき、六回までは納得いくピッチングができた。田村がうまく引き出してくれた」などと語った。

 日本ハムは0-7の七回、石井一の右中間2号3ランで3点。先発・村田が5回1/3、5安打3失点で2敗目(1勝)。