ここから本文です

【中京新馬戦】フロンティアが逃げ切りV 半兄はドリームパスポート

7/1(土) 13:33配信

スポーツ報知

 1日の中京5Rの新馬(芝1600メートル=12頭立て)は、1番人気のフロンティア(牡、父ダイワメジャー=栗東・中内田充正厩舎)が逃げ切って勝利した。勝ち時計は1分38秒2。

 スタートを決めると、2番の好枠を生かしてそのままハナに立った。半マイルを51秒1のスローペースにうまく落として、折り合いも上々。直線で脚を伸ばして、ゴール前ではアドマイヤアルバが迫ったが半馬身しのぎきった。川田将雅騎手は「初戦で多少物見をしていましたが、それでもめいっぱい走ってくれていました。初戦から力を出し切って、頑張ってくれました」とたたえた。

 中内田調教師は「頑張ってハナを切ってくれました。2歳らしく最後に苦しくはなったけど、全体的にうまく収まった感じだと思います。時計は速くないけど、初戦としては十分、頑張ってくれたと思います」と納得。半兄に皐月賞、菊花賞、そしてジャパンCでも2着と好走した重賞2勝馬ドリームパスポートのいる素質馬のデビュー戦に、合格点を与えた。

 2着には2番人気のアドマイヤアルバ(福永祐一騎手)が入り、3着は3番人気のシャルルマーニュ(武豊騎手)だった。

最終更新:7/16(日) 3:42
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ