ここから本文です

勝谷氏 最後の訴え「通っても落ちても破産だ!」 与野党相乗りに「国会は八百長か」

7/1(土) 19:01配信

デイリースポーツ

 兵庫県知事選(2日投開票)が1日、17日間の選挙戦の最終日を迎え、4人の候補者が県内で最後の訴えを行った。

【写真】井戸敏三氏も精力的に街頭演説

 コラムニストの勝谷誠彦氏(56)は夕方、神戸・三宮で行った街頭演説で、5選を目指す現職の井戸敏三氏(71)を自民、民進などの県組織が支持しているとして「国会で加計学園を巡ってガンガンやってるのは八百長か。プロレスでケンカして、兵庫では相乗りして、ああいうヤツらに選挙民はバカにされてますよ」と主張した。

 接戦予想も広がる中、「朝日新聞とかの調査では、現職先行、僕は追っているらしいが、どこぞの団体とかもバックについて、権力者のケツをなめて、もう利権談合共産主義。ふざけるな」とまくしたてた。

 有力組織の支援を受けずに選挙を戦ったため「テレビでちょろちょろと稼がしていただいて老後の貯金もしてましたが、通っても落ちてもたぶん破産だ」とぶちまける一幕も。「あとは皆さんのために、スリコギのように働きます。ここまでやったら、本当はもう落ちても…良くない!」と支持を訴えた。

 現職の井戸氏は神戸・元町で行った街頭演説で「私は長いと批判されているらしいが、長い短いより、何をやってきたかだ」と主張。「震災復興、財政再建をやって、5期目は50年先を見据えた新しい兵庫作りに道筋をつけ、若者にバトンタッチしたい」と述べた。

 同知事選は他に元県労連議長の津川知久氏(66)、元加西市長の中川暢三氏(61)が立候補している。