ここから本文です

【浦和】鈴木啓太氏、17日の引退試合にオシム氏参加をラブコール

7/1(土) 17:36配信

スポーツ報知

 15年限りで引退した元日本代表MF鈴木啓太(35)=元浦和=が1日、17日の「鈴木啓太 引退試合」(埼玉スタジアム)について、元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(76)に参加オファーを出していることを明かした。この日、埼玉スタジアムで取材に応じ、「声をかけています。調整中だと思います」と話した。

 引退試合は「REDS LEGENDS」(浦和OB主体のチーム)vs「BLUE FRIENDS」(鈴木啓太氏と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)が予定されている。

 現在決まっているサッカーメンバーは

 福田正博氏、岡野雅行氏、内舘秀樹氏、室井市衛氏、阿部敏之氏、福西崇史氏、ロブソン・ポンテ氏、三都主アレサンドロ氏、都築龍太氏、酒井友之氏、堀之内聖氏、千島徹氏、相馬崇人氏、マリッチ氏、ワシントン氏、ギド・ブッフバルト氏、ゲルト・エンゲルス氏、池田太氏、土田尚史氏、大槻毅氏、中村俊輔選手、橋本英郎選手、巻誠一郎選手、松井大輔選手、岩政大樹選手、細貝萌選手、明神智和選手、田中達也選手、矢野貴章選手。

 鈴木氏は1週間に3回ジムに通い、体を作っているという。体重は現役時代から変わらず72キロ(身長は177センチ)をキープ。「最近、シャトルランニングをやれるようになりました。今なら(柏木)陽介に勝てるかな。最近、妻に『筋肉がついてきたね』と言われました」。現在の悩みは「引退試合は得点しないといけないんですか?」と取材陣に逆質問。現役時代、派手なプレーはないが、攻守両面で縁の下の力持ちとして、「水を運ぶ人」と形容され、J1通算379試合出場10得点。「400試合近く出て、10点しかとっていない。取らない方が自分らしいのかなと思ったりして」と話した。

 「オシムさんの時に一緒に戦ったメンバーは、僕にとってものすごく勉強になりました」とも。具体的には、「俊さん(中村俊輔)のボールの持ち方とかはチームメートとして、すごく勉強になりました。今回、憲剛は来られない(川崎の北海道キャンプのため)けど、ボールの持ち方は教えてもらった。なかなか体から離れないし、彼のあのサイズでなぜ、あんなにボールが取られないのか。次へのプレーがなめらかなのか。それは教えてもらいました。彼はボールの蹴り方、球種をすごく持っていたのでね。マネできなかったですけどね」と話した。

最終更新:7/1(土) 17:36
スポーツ報知