ここから本文です

【巨人】マイコラス6回2失点で降板…2試合ぶり7勝目ならず

7/1(土) 20:36配信

スポーツ報知

◆巨人―DeNA(1日・東京ドーム)

 先発のマイコラスが6回2失点の粘投を見せたが、2試合ぶり7勝目はならなかった。

 初回に先頭打者の桑原から左翼席に先頭打者弾を被弾。1死一、三塁から遊撃・坂本勇の悪送球の間に追加点を許し、初回に2点を奪われた。

 直後に村田の適時打で1点を返してもらったマイコラスは2回から立ち直った。6回まで5イニングで打者18人に対し、2安打3奪三振。しかし初回に球数がかさんだ影響で、117球となった6回限りで降板。7回から高木勇にマウンドを譲った。

 由伸監督はここから細かい継投策に入った。7回は高木勇が1イニングを3人でピシャリ。8回は森福がマウンドに上がり、梶谷と筒香という何滴から連続奪三振。4番の右打者・ロペスに対し、2死から西村を送り、遊ゴロにしとめた。

 1点差を守り、打線の反撃を待った。

最終更新:7/1(土) 21:39
スポーツ報知