ここから本文です

【NBA】サンダーがペイサーズと電撃トレード、P.ジョージを獲得

7/1(土) 15:46配信

ISM

 オクラホマシティ・サンダーが現地30日、インディアナ・ペイサーズとのトレードで、オールスター4回出場のフォワード、ポール・ジョージを獲得することで合意した。シーズンMVPのラッセル・ウェストブルックは来季、強力なパートナーとタッグを組むことになった。

 チームからの公式発表はまだだが、事情に詳しい関係者2人によると、ペイサーズは、サンダーからビクター・オラディポとドマンタス・サボニスを獲得したという。

 ジョージは先日、2017-2018シーズン終了後にフリーエージェントとして退団する意向をペイサーズに通知。見返りなしでエースを失うことを嫌ったチームは、トレード先を探していた。

 ジョージは、2014年の米国代表合宿で左足を開放骨折する重傷を負うも、見事復活し、2015-16シーズンに平均23.1得点、7.0リバウンドをマーク。2016-17シーズンは、平均23.7得点、6.6リバウンドを記録した。これまでプレーオフに6回出場し、イースタンカンファレンス決勝進出を2回経験している。

 オーランド・マジックでキャリアをスタートしたオラディポは、プロ4年目の2016-14シーズンはサンダーで平均15.9得点、フィールドゴール(FG)成功率43%をマーク。サボニスは、ルーキーながら66試合に先発出場し、平均5.9得点の成績を残した。(STATS-AP)

最終更新:7/1(土) 15:46
ISM