ここから本文です

堂珍嘉邦が仮面ライダーに変身 劇場版ゲスト&予告映像解禁

7/2(日) 8:30配信

オリコン

 男性デュオ・CHEMISTRYの堂珍嘉邦(38)が、人気特撮作品の劇場版『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』(8月5日公開)に謎の忍者ライダー役で出演することが1日、わかった。仮面ライダーエグゼイドと対立する、仮面ライダー風魔(ふうま)/南雲影成(なぐもかげなり)をクールに演じている。

【動画】堂珍嘉邦が登場 2017夏のライダー&戦隊映画 予告編

 テレビ朝日系で放送中の平成仮面ライダーシリーズ第18作『仮面ライダーエグゼイド』(毎週日曜 前8:00)。今回の劇場版では、テレビの最終回を待たずに“真のエンディング”が先行公開されることが話題になっている。

 堂珍演じる仮面ライダー風魔は、エグゼイドたちをVR(仮想現実)ゲームで追い詰めるという役どころ。そのほか、謎の黒幕ジョニー・マキシマ役にはブラザートム、ストーリーの重要な鍵を握る少女、星まどか(森山のえる)の母親・星朱美役に8年ぶりの映画出演となる藤本美貴が決定。『第9回AKB48選抜総選挙』で30位にランクインしたAKB48・チーム8の倉野尾成美も女子高生役で出演する。

 同時上映される『宇宙戦隊キュウレンジャーTHE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』のゲストも発表され、巨大人工彗星ゲース・スターを操るゲース・インダベー役でロンドンブーツ1号2号の田村亮が出演。初の悪役に挑戦した田村は「スーパー戦隊は自分も観ていたし、息子達も観ていたのでお話をいただいて、素直にうれしかったです。すぐに息子に自慢したら『じゃあ、お父さん最後に爆発するの?』って聞かれました。少しの気持ちの差で大きく生き方が変わる事が子どもに伝われば良いかなと思います」とコメントしている。

 ゲース・インダベーの仲間であるオーモ・インダベーの声をレイザーラモンHG、カール・インダベーの声はレイザーラモンRGが担当。ゲストたちが登場する予告映像が公開された。

最終更新:7/3(月) 18:21
オリコン