ここから本文です

10代限定の夏フェス『未確認フェスティバル2017』三次ライブ審査進出の33組決定

7/1(土) 20:26配信

デビュー

 TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』は、「タワーレコード」「NTTドコモ」「レコチョク」が展開するインディーズ及び新人アーティストの音楽活動を支援する「Eggsプロジェクト」と共催で、10代アーティスト限定の音楽フェス『未確認フェスティバル2017』を、8月27日新木場STUDIO COASTで開催。今回、7月に東京・大阪・名古屋で開催される三次審査(ライブステージ)に出場する33組が決定。さらにyonige、赤色のグリッター、ポルカドットスティングレイ、LAMP IN TERRENのゲストライブ出演が決定した。

【写真】『未確認フェスティバル2017』三次ライブ審査ゲストの写真。

 年2月28日からスタートした一次審査(デモ審査)への応募総数は3199組。この中から選ばれた103組が、二次審査に進出。二次審査は5月24日よりスタートし、『未確認フェスティバル』(Eggs内)の特設サイトで、103組の音源・映像を公開、一般からの投票も受け付けた。その結果、三次審査(ライブステージ)進出の33組が決定。『SCHOOL OF LOCK!』ホームページで33組を公開中。三次審査は、オーディエンスを招いてのライブハウス審査で、ライブでのパフォーマンス力や、オーディエンスの盛り上がりも審査対象となる。

 三次審査(ライブステージ)は、東京・大阪・名古屋のライブハウスで実施。各会場でyonige(16日・名古屋 名古屋CLUB QUATTRO)、赤色のグリッター(22日・大阪 心斎橋Music Club JANUS)、ポルカドットスティングレイ(29日・東京 渋谷TSUTAYA O-WEST)、 LAMP IN TERREN(30日・東京 渋谷TSUTAYA O-WEST)のゲストライブ出演が決定。三次審査は入場無料で観覧可能。詳細は『SCHOOL OF LOCK!』の放送およびホームページで公開していく。

最終更新:7/1(土) 20:26
デビュー