ここから本文です

飛び地にあるマカオ大学キャンパスで密入境対策訓練実施

7/1(土) 10:04配信

マカオ新聞

 2014年に開校したマカオ大学の新キャンパス。マカオと川を隔てて隣接する中国広東省珠海市の横琴新区に位置し、開校と同時に大学キャンパス敷地内がマカオ特別行政区の管轄範囲となり、いわば「飛び地」にあたる存在となった。キャンパスの外周はフェンスで囲まれ、出入口はマカオ・コタイ地区との間に新たに建設された河底トンネルのみとなっている。

 しかしながら、開校後まもなく、キャンパス外周のフェンスを乗り越えて中国本土からマカオに密入境する事案が相次いだことで、大きな社会的関心事となった。

 マカオ税関(澳門海關)は6月29日、広東省当局、マカオ大学警備チーム、マカオ政府交通事務局と合同でマカオ大学キャンパスにおける密入境対策部門の連携強化及び危機管理能力向上を目的とした大規模演習を実施。警報システムの動作、各部門間の横断的情報共有、ドローン及び監視カメラを使った追跡、捜索活動の手順などを確認したという。

 マカオ税関によれば、今年(2017年)1月から5月までに摘発した密入境事案は67件、密入境者数は前年の同じ時期から27%増の178人とのこと。また、昨年3月以降、マカオ大学キャンパスで密入境者は確認されておらず、各部門の連携による密入境対策が一定の成果を得たとの見方を示した。

 マカオは1999年にポルトガルから中国に返還されたが、以降も独自の出入境管理を行っている。中国本土籍の旅客がマカオを訪れる際、香港マカオ往来通行証と呼ばれる渡航証とビザに相当する渡航許可を取得するのが一般的だが、およそ2~3ヶ月に1回7日間といったかたちで一定期間内の入境回数や滞在日数などに制限が設けられていることなどから、違法な就労や賭博、観光などを目的とした密航やオーバーステイが後を絶たない。不法行為を手引きする蛇頭も暗躍し、超過滞在者の隠れ家となる違法宿泊施設の存在なども社会問題化している。

最終更新:7/1(土) 10:32
マカオ新聞