ここから本文です

【動画】7月スタートは大雨に警戒 局地的に猛烈な雨のおそれ(1日7時更新)

7/1(土) 6:56配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 きょう未明、九州や四国で1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降った所がありました。西日本や東日本では夜にかけて、局地的な大雨に警戒が必要です。

 梅雨前線が本州付近に停滞しており、九州の南には熱帯低気圧が進んでいます。熱帯低気圧から流れ込む暖かく湿った空気の影響で、梅雨前線の活動が活発になっています。

 四国では昼前にかけて、局地的に猛烈な雨の降る所があるでしょう。猛烈な雨とは、息苦しくなるような、恐怖を感じるような降り方です。また、北陸や近畿などにも活発な雨雲がかかり、滝のような非常に激しい降り方となる所もありそうです。

【予想雨量】(あす朝まで/多い所)
  石川県・徳島県・高知県 200ミリ
  長野県・富山県 150ミリ
  新潟県・岐阜県 120ミリ
  和歌山県 100ミリ

 これまでの雨で地盤の緩んでいる所では、土砂災害に厳重に警戒してください。また、低い土地の浸水や河川の増水・氾濫にも警戒が必要です。

 予想最高気温は、西日本で30℃以上の真夏日の所が多いでしょう。札幌や仙台でも29℃まで上がる見込みです。蒸し暑くなりますので、熱中症対策を万全にしてお過ごしください。
(気象予報士・石上沙織)