ここから本文です

横浜F・マリノスが4年ぶりのリーグ戦5連勝!山中の強烈ミドル弾で好調大宮撃破/J1リーグ第17節

7/1(土) 21:39配信

GOAL

■J1 第17節 大宮 1-2 横浜FM

大宮:菊地(78分)
横浜FM:マルティノス(59分)、山中(68分)

明治安田生命J1リーグ第17節が7月1日に行われ、NACK5スタジアムでは大宮アルディージャと横浜F・マリノスが対戦した。試合は2-1で横浜FMが大宮を下し、2013年の開幕6連勝以来となるリーグ戦5連勝を飾った。

横浜FMはリーグ戦4連勝中と好調を維持し、5位につけている。首位・柏レイソルとの勝ち点差は5とじわじわ迫っており、5連勝を飾ってその差を縮めたいところだ。一方、今季初の連勝を飾った大宮は、伊藤彰監督就任以降3試合負けなしで降格圏脱出にあと一歩と迫っている。ホームで連勝を伸ばし、下位を抜け出したいなかでの試合となる。

試合の立ち上がりは両チームともになかなかチャンスを作れない時間が続く。23分、中盤でボールを持った茨田陽生がドリブル突破からペナルティエリア手前まで持ち込むと、最後はパスを受けた大前元紀が右足シュート。しかし、ここは得点につながらない。

横浜FMは38分に天野純のCKから中町公祐がヘディングシュートを放ったが、ボールは惜しくも枠の右へ外れた。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

スコアが動いたのは59分。横浜FMがカウンターから攻め上がると、ウーゴ・ヴィエイラからパスを受けたマルティノスがドリブルで中央突破。ペナルティエリア手前から右足を振り抜くと、これがゴール左隅に吸い込まれて横浜FMが先制に成功した。

さらに68分、左サイドでボールを持った山中亮輔がドリブルで前線に持ち上がる。ペナルティエリア左からクロスを上げると見せかけ、思い切り左足を振り抜くと、ボールはGK松井謙弥の手をかすめてゴールネットを揺らした。山中にとっては今季初ゴール。横浜FMが大きな追加点を手にした。

大宮は73分に大前を下げて菊地光将を投入する。すると、78分に大宮が右サイドでFKを獲得。大山啓輔のクロスから菊地がヘディングシュートを決め、大宮が1点を返した。

その後も大宮は同点ゴールを目指したが、このまま2-1で横浜FMが逃げ切った。

Goal編集部

最終更新:7/1(土) 22:32
GOAL