ここから本文です

「フィット」がデザイン一新 「ホンダセンシング」搭載タイプも ホンダ

7/1(土) 7:40配信

乗りものニュース

新開発の3色を追加

 ホンダは2017年6月30日(金)、マイナーチェンジした「FIT(フィット)」を発売しました。

この記事の画像をもっと見る(50枚)

 安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の全機能をガソリンモデル、ハイブリッドモデルともに一部タイプに採用。自動ブレーキ、誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS(車線維持支援システム)」や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」などの機能が搭載されています。

 外観は、前後バンパーのデザインを変更したほか、インラインタイプのLEDヘッドライト(一部タイプに採用)などにより、スポーティーさや先進性を表現したといいます。ボディーカラーは「ルージュアメジスト・メタリック」をはじめとする新開発の3色を追加。全12色のラインアップです。

 このほか、一部タイプでは「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。また、遮音機能付きフロントウインドウガラスの採用で静粛性を高め、ボディー剛性の強化やサスペンションダンパーの減衰特性の最適化などにより、上質な乗り心地を実現しています。ハイブリッドモデルの燃費は、37.2km/L(JC08モード)です。

 メーカー希望小売価格は、ガソリンモデルが142万8840円(税込)から、ハイブリッドモデルは169万9920円(税込)からです。

乗りものニュース編集部