ここから本文です

【いま大人がこどもにできること(48)】3年前に終わったアメリカのドラマシリーズから、児童書を考える

7/1(土) 14:00配信

ニュースソクラ

米ドラマCSIから、1年生にも受ける「11歳のバースデー」まで

 アメリカとテレビドラマでCSIシリーズ、というのをご存知ですか?
 CSIというのは科学捜査班のことで、刑事たちと合同で捜査にあたる鑑識ですね。
 プロデューサーは凄腕ジェリー・ブラッカイマー……。

 ニューヨーク、フロリダ、ラスベガス、海軍専用のNCSIとあって、それぞれ性格が違う……。
 フロリダはたいてい麻薬組織とドンパチしてるし、ニューヨークの事件の中心はイカれたエリートだったり……。
 
 で、2005?年前後に始まったときは、ラボの機械は顕微鏡だった……。
 それがクールごとにどんどんラボが進化して、途中からはホントにこんなんあるの?!
 までいってたんだけど、三年前?くらいに次から次に閉めちゃったんです。

 確かにちょっと下がってはきてたけど、まだまだ人気あったのに……。
 で、なにがやりたいんだろ、と思ってたら今年からサイバーCSIが始まって、それみてブッ飛んだ……。

 この前のなんか赤ちゃんが何人か誘拐されたんだけど、赤ちゃん見守りカメラってあるでしょ?
 あれにハッキングして全米の赤ちゃん見放題……。
 で世界的規模でネットのなかで競売やって、売れた赤ちゃんを誘拐する話だった……。

 そんな、ご家庭用のちゃちな機械、ガードしないよね?
 ハッキングし放題だよ。
 で、こういう話をいままでのCSIの枠組で、できるかってたら、確かにできないな、と思ったんだよね……。

 登場人物は改心した(させられた)ブラックハッカーと、リーダーはハッカーに自分のお客を殺されてしまったもと精神科医……。

 なんていうか、肌あいが違う……。
 ズッコケ三人組にスマホ持たせられないよ、って感じ?
 で、再放送でやってる2クールめとか3クールめ、を見たら、きゃーっというほど古くなってた……。

 で、それで思い出したんだけど、昔は子どもの本て、シリーズの五冊目を読んで面白かったら一巻から読んだでしょう?
 それが最近は動かなくなったんだけどなぜでしょう? ってある児童書の編集さんにきかれたんだ。

 でも、学校図書館とか、公共図書館では動くのよ、読んでるのよ。
 でも出版社がそう思うってことは、買ってないってことだよね?

 ということは……。

 五巻作る間には5、6年かかっちゃう……。

 CSIと同じで、そうしたらいまの子には一巻めはもう古いのかも知れない……。
 だから新刊は買う。

 六巻でたら、買う、読む。
 でも、ただで読めるんなら読むけどわざわざ一巻めは買いたいと、思わないんじゃないのか?

 レンタルショップでわざわざCSIニューヨークの1クールめは借りたいともう思わない……新作なら借りるけど……と同じ状態になってるんじゃないのか?

 だって、日本の文化が動いたのってホントにここ三年だもん。
 なんていうか、それまでも変わってたんだよ?
 もちろん……。

 でもそれにターボが、かかったの。
 この三年、いきなりアクセル踏まれた感じ……。

 2008年にスマホができて、その時生まれた子がいま四年生なのよ。
 で、そうやって文化が変わった直後に反応する子はそういない……。
 せいぜい100人のうち5、6人?

 でも二年もするとだいたいの子がひっくり返るんだよね……。
 それが去年の一年生で、去年の今頃はこっちは対処のしかたがわからなくて結構パニックだった……。
 で、もう今年は安定期

 去年よりさらに確定感が強くなって、一年生だけじゃなく、三才目一杯まではアンパンマンだったのが二歳から二歳半でもう戦隊ものに移行……。
 恐竜のピークも四歳確定……。

 ちょうどブラッカイマーがCSI閉じ始めた頃にそれが日本で始まったんだよ。

 さすがブラッカイマ~。
 いい勘してるよ。

 ということは、で、自分でもちょっとパニック……。
 ここ三年以内に始まったものでないと、もう一巻めからは動かないってこと?

 ええっ?

 うわぁ……。

 で、去年から出始めた「11歳のバースデー」シリーズは凄い……。

 全部で五冊あるんだけど、五年生のあるクラスの五人の子の誕生日に起きた事件を通して、その子たちが自分のことと人のことをわかって深いところで本当の親友になってく話……。

 傷がない。

 でもって、でもこれ、五年生じゃなくて、対象一年からだな、と思ったんで、一年生から四年生までに試しに読んでもらったら……大当たり!!!
 
 3日で二冊読破、とか、みんな、夢中になって読んでくれた……。
 (だから、なにか読んでもらいたいと思ってるかたは、試してみてください。薄くてびっくりするかもしれないけど、中身は濃いよ。あ、女子ね!同じ立場にいる子だったら男子でもオーライだと思うけど)

 日本の児童書とアメリカのテレビドラマが連動するとは思わなかったけど、世界は繋がってるんだなぁ。

■赤木 かん子:いま大人がこどもにできること(本の探偵)
1984年、子どもの本の探偵としてデビュー。子どもの本や文化の評論、紹介からはじまり、いまは学校図書館の改装からアクティブラーニングの教えかたにいたるまで、子どもたちに必要なことを補填する活動をしている。
高知市に「楽しく学校図書館を応援する会」として学校図書館モデルルームを展開中……。
著書多数。

最終更新:7/1(土) 14:00
ニュースソクラ