ここから本文です

7月1日は王さんの一本足打法が生まれた日…“1号”を打たれた元大洋・稲川誠さんの矜恃

7/1(土) 10:04配信

スポーツ報知

 7月1日は日本のプロ野球史上に残る大きなターニングポイントとなった日である。通算868本塁打を記録した王貞治さん(77)=ソフトバンク会長=が一本足打法をスタートした日だ。1962年7月1日、川崎球場で行われた大洋(現DeNA)・巨人戦で初披露し、本塁打を放った。あれから55年、“一本足第1号”を打たれた稲川誠さん(80)に当時を聞いた。

【写真】稲川さん、王さんの現役時代の華麗なフォーム

初めて見る“一本足”「格好がすごく奇妙に思えた」

 ダブルヘッダーの初戦、1番打者として登場した王さんと対峙(たいじ)した稲川さんは、目を疑った。投げようとすると、18・44メートル先の打席では王さんが右足を大きく上げて静止していた。「当時も軽く足を上げて打つバッターはいっぱいいた。でもグッと太ももまで上げて…。初めて見ました。格好がすごく奇妙に思えたんです」。2ストライクと追い込んでからの3球目をライト前に運ばれた。

 王さんは、この試合まで打撃不振だった。6月7日の大洋戦(後楽園)で9号を放って以来、本塁打なし。その間の打率は1割台に低迷していた。あまりの不振に、試合前のコーチミーティングでつるし上げを食らった荒川博打撃コーチが王さんに一本足打法で打つことを指示していた。

「あんな変なフォームで打てるはずがない」

 第2打席でも、稲川さんの考えは変わらなかった。「あんな変なフォームで打たれるわけはない。コースを突くとかそんな考えは全然なかった。ストライクを放れば打たれないだろうと…」。3回1死走者なしで対戦。初球をライナーで右翼席へ運ばれた。

 王さんの通算47号、その後、一本足で821本を積み重ねた“世界の王”の原点でもある。後に王さんは「あの日、結果が出なかったら、また元に戻そうと思っていた」と述懐したという。稲川さんは「私があそこでカポンって打たれたのが、彼の運命を変えた一発になったんですね」と苦笑いした。

当時は話題にならず…

 王さんの一本足デビューは、当時は大きな話題にならなかった。翌日の報知新聞には打撃フォームに関する記述は一切無し。その後、ホームランを量産することでじわじわと注目を集めたようだ。打撃フォームの写真が紹介されたのは20日付の一面で「独特のフォームで大当たり」の記述。21日付では「毛やりをささげ持ったやっこさんのようなかっこう」の表記になり、22日付紙面で新打法の詳報が掲載された。

 稲川さんも、この試合までは王さんと3打席対戦、無安打1四球と寄せ付けなかったが、その後は7年間で11本塁打を浴び、通算打率も3割2分1厘と打ち込まれた。

 「最初は(一本足も)ぎこちなかったよ。でもだんだんと様になってきて、軸足で地球をつかんでいるように立って、ピタッと止まって。ヒット打たれて(本塁打でなくて)ホッとしたのは王だけだよ」。

1/3ページ

最終更新:7/3(月) 0:39
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 22:45