ここから本文です

オリヴァー・カーンが“ヨコハマの悪夢”を回想「あの日、GKであることが辛すぎた……」

7/1(土) 10:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

いまだにトラウマ

鬼の目にも涙は流れる。2002年の日韓W杯でドイツ代表守護神として活躍した魂のゴールキーパーが、15年前の“ヨコハマ”を回想している。

リヴァウドにロナウド、そしてロナウジーニョといったモンスター級の“3R”が大会を席巻する中、オリヴァー・カーンは最後方から勇敢にも戦い続けた。同大会でミロスラフ・クローゼのブレイクなどもあり、初戦からゴールラッシュを披露していたドイツ代表は破竹の勢いで決勝へと進出すると、最後に立ちはだかったのが“大五郎カットのロナウド”だ。当時インテルに在籍していた怪物は決勝戦でカーンの守るゴールマウスから貪欲にも2ゴールを奪い、得点王&優勝カップをかっさらっていった。

そして、ちょうど15年の月日が経過した2017年6月30日。カーンは、いまだに怪物の襲撃がトラウマとして記憶にあることを示唆している。

「ヨコハマ。まさに15年前の今日さ。どうして私はGKになったというのか? 15年前、GKであることが辛すぎる日だった」(本人SNSより)

バイエルン・ミュンヘンではあらゆるタイトルを獲得し、栄光に満ちたキャリアを過ごしてきたカーンだが、ヨコハマでの出来事はやはり強烈だったということか。ブラジル史上最高とも謳われる豪華なセレソンの攻撃ユニットを前に、さしものカーンですら成す術は無く、最後には涙を飲むこととなった。もちろん現在のドイツ代表のあらゆる年代における充実ぶりを考慮すれば、今後しばらくは悔し涙を流す場面とは無縁の日々が続くかもしれないが。

http://www.theworldmagazine.jp