ここから本文です

BIライオンズはセクストン&ファレル同時先発! ラウマペ黒衣軍デビューへ

7/1(土) 7:54配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドのスター選手を集めたブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとはいえ、世界最強と称されるオールブラックス(ニュージーランド代表)を倒したのは過去6回しかない(通算成績:6勝3分30敗)。最後に勝ったのは1993年ツアーのテストマッチ2戦目、場所はウェリントンだった。あす土曜日、雨の予報が出ているその地で再び激突する。1971年以来2回目のテストシリーズ勝ち越しを狙うライオンズは、今ツアーの第1戦を落としており、次は“マスト・ウィン”の戦いとなる。

いいぞヤエドラ! 教習車のナンバープレートがラグビーW杯2019仕様に。

 ライオンズからは2選手が新たに負傷で離脱した。27日のハリケーンズ戦でCTBロビー・ヘンショーが胸筋を裂き、大型WTBジョージ・ノースはハムストリング(太ももの裏)を痛め、残り試合の出場は不可能となった。

 第1テストでゲームキャプテンを務めたFLピーター・オマーニーは今回の試合メンバーには入らず、ツアーキャプテンのFLサム・ウォーバートンがスターティングメンバーに復帰。特にブレイクダウンでの奮闘が期待され、バックローのリザーブにはボールキャリーとディフェンスへの評価が高いCJ・スタンダーが入った。セカンドローでは、第1戦は途中出場でパワーとダイナミズムをもたらしたマロ・イトジェがキックオフから暴れる。

 バックラインで注目は10-12チャンネルで、ウォーレン・ガットランド ヘッドコーチは欧州屈指のプレーメーカーであるジョナサン・セクストンとオーウェン・ファレルを同時に先発起用。SOセクストン、インサイドCTBファレルのコンビネーションで攻撃のオプションは豊かになる。

 一方のオールブラックスは、FBベン・スミスが24日の第1戦で脳しんとうを起こし、欠場することとなった。副将でもあるスミスは今季、スーパーラグビー期間中にも2回、頭部強打で静養を求められており、安全面を考慮して、スティーヴ・ハンセン ヘッドコーチは残りのライオンズ戦でベン・スミスを起用しないことを決めた。
 そのためバックラインは入れ替わり、第1戦で14番をつけたイズラエル・ダグがFBに移動、右WTBの先発はワイサケ・ナホロが務める。
 アウトサイドCTBのライアン・クロッティもハムストリングを痛めたため、13番はアントン・レイナートブラウンがつけることになった。

 そして、27日にハリケーンズの一員としてライオンズからトライを挙げたCTBンガニ・ラウマペがベンチ入りとなり、オールブラックスデビューのチャンスがめぐってきた。ラウマペは今季スーパーラグビーでトライ王を争っている逸材で、その力強い走りに注目が集まる。

<オールブラックス 第2戦 試合登録メンバー>

1.Joe Moody  2.Codie Taylor  3.Owen Franks  4.Brodie Retallick  5.Sam Whitelock  6.Jerome Kaino  7.Sam Cane  8.Kieran Read(主将)  9.Aaron Smith  10.Beauden Barrett  11.Rieko Ioane  12.Sonny Bill Williams  13.Anton Lienert-Brown  14.Waisake Naholo  15.Israel Dagg

〔リザーブ〕
16.Nathan Harris  17.Wyatt Crockett  18.Charlie Faumuina  19.Scott Barrett  20.Ardie Savea  21.TJ Perenara  22.Aaron Cruden  23.Ngani Laumape


<ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ 第2戦 試合登録メンバー>

1.Mako Vunipola(イングランド)  2.Jamie George(イングランド)  3.Tadhg Furlong(アイルランド)  4.Maro Itoje(イングランド)  5.Alun Wyn Jones(ウェールズ)  6.Sam Warburton(主将/ウェールズ)  7.Sean O'Brien(アイルランド)  8.Taulupe Faletau(ウェールズ)  9.Conor Murray(アイルランド)  10.Jonathan Sexton(アイルランド)  11.Elliot Daly(イングランド)  12.Owen Farrell(イングランド)  13.Jonathan Davies(ウェールズ)  14.Anthony Watson(イングランド)  15.Liam Williams(ウェールズ)

〔リザーブ〕
16.Ken Owens(ウェールズ)  17.Jack McGrath(アイルランド)  18.Kyle Sinckler(イングランド)  19.Courtney Lawes(イングランド)  20.CJ Stander(アイルランド)  21.Rhys Webb(ウェールズ)  22.Ben Te'o(イングランド)  23.Jack Nowell(イングランド)