ここから本文です

モンフィス ガスケ下し今季初V王手、決勝はジョコビッチと対戦<男子テニス>

7/1(土) 7:47配信

tennis365.net

AEGON国際

男子テニスのAEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)は30日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのG・モンフィス(フランス)が第7シードのR・ガスケ(フランス)を6-2, 6-7 (7-9), 7-6 (7-4)のフルセットで下し、今季初優勝に王手をかけた。

【ウィンブルドン対戦表】

この日、18本のサービスエースを放ったモンフィスは、2時間31分でフルセットの接戦をものにした。

決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準決勝で、世界ランク52位のD・メドヴェデフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

世界ランク16位のモンフィスは今季、3月に左膝蓋骨の軟骨疾患と左アキレス腱に損傷があることを明かし、出場予定だった大会を欠場してリハビリに専念。怪我から復帰後は、2大会連続で初戦敗退を喫していたが、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では2年ぶりのベスト16進出を果たした。

また、同日には7月3日に開幕するウィンブルドンの組み合わせ抽選が行われ、第15シードのモンフィスは初戦で予選勝者と対戦することが決まっている。

tennis365.net

最終更新:7/1(土) 7:47
tennis365.net