ここから本文です

【MLB】イチロー球宴本塁打競争、現役選手から待望の声「面白くなる」「軽々やる」

7/1(土) 9:21配信

Full-Count

MLB公式サイトが特集、現役選手アンケートでイチローが4位タイ

 メジャー現役選手からマーリンズ・イチロー外野手の球宴本塁打競争参加を待望する声が上がっている。MLB公式サイトが伝えている。

【動画】NYメディアも絶賛…イチローが魅せた衰え知らずのスーパーキャッチ!

 今年の現地7月11日にマーリンズの本拠地マーリンズ・パークで開催されるメジャーのオールスターゲーム。その前日10日には恒例の本塁打競争も行われる。メンバー発表が近づく中、MLB公式サイトでは「選手が投票する必見・本塁打競争の参戦者」と題して特集を掲載。現役選手に本塁打競争で見てみたい選手を聞き、投票結果を集計した。

 その中で圧倒的な支持を得ているのがマーリンズのジャンカルロ・スタントンとヤンキースのアーロン・ジャッジだ。ジャッジは6月29日時点で両リーグトップの27号を放つなど、驚異的なペースで本塁打を量産。メジャー2年目の25歳ながらヤンキースを牽引する活躍を見せている。一方のスタントンもメジャートップクラスのパワーを持ち、今季は21本塁打を記録。2010年のメジャーデビューから8年連続で20発以上をマークしており、通算229本塁打を誇る。

 特集では「ホームランダービーの愛すべきものの一つに、いかに選手ら自身もそれを楽しんでいるか、ということが挙げられる」と、現役選手にアンケートをする中で、この2選手の参加を熱望する声が多数を占めたことを紹介。ジャッジが11票でトップ、スタントンが10票で2位となっている。

 一方でイチローが4位タイの2票を集めており、記事では「スタントンとジャッジを選ぶのは楽なものだ。この投票で驚くべきはイチローがベリンジャーやハーパーと同数の票を得ていることだ」とレポートしている。

以前はボンズ氏も太鼓判、「余裕で優勝できる」

 イチローに投票した2選手のコメントも紹介しており、エンゼルスのダニー・エスピノーサは記事の中で「見たことがある。彼と対戦する日、早く打撃練習へと出た時に」、「たぶん面白くなると思うよ、彼は軽々とやってのけるだろうから」と43歳の参加を期待。またパイレーツのトレバー・ウィリアムズも「みんなホームランダービーはジャッジ、ベリンジャー、スタントンみたいな選手が揃うと思うだろう? そこにもしイチローがいて他を圧倒したら、イケてると思うね」とコメントしている。

 昨年の球宴前には当時、マーリンズの打撃コーチを務めていたバリー・ボンズ氏が地元メディアに「イチローは(本塁打競争で)余裕で優勝できる」と断言。「彼は打撃練習で誰よりもホームランを打つんだよ。毎日ね」とも語っていた。

 今回のアンケートでは3位にジョーイ・ギャロ(レンジャーズ、3票)、4位タイにイチロー、ブライス・ハーパー(ナショナルズ)、コディ・ベリンジャー(ドジャース)が並び、7位タイにマイク・トラウト(エンゼルス、1票)らが続いている。

 本塁打競争に参加する8選手は原則、球宴選出メンバーの中から選ばれるが、マーリンズの本拠マイアミで行われる球宴でイチローが初の本塁打競争参加はあるのか――。実現すれば、大きな盛り上がりを見せるに違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/1(土) 10:41
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 2:20