ここから本文です

JR中浦和駅で事故 無人の車いす挟み発車、70メートル引きずる

7/1(土) 22:02配信

埼玉新聞

 6月30日午後5時20分ごろ、埼玉県さいたま市南区鹿手袋1丁目のJR埼京線中浦和駅で、「(無人の)車いすが転落したのを見た」と駅利用者から改札口に連絡があった。

 JR東日本大宮支社によると、駆け付けた駅員が下り2番線ホーム大宮寄りの北端から車いすが転落しているのを発見した。午後5時19分に同駅を発車した新宿発大宮行き下り普通電車(10両編成)に乗っていた60~70代くらいの女性が、荷物を載せた車いすを押して先頭から4両目付近のドアから降車しようとした際、車いすだけをホームに降ろした時点でドアが閉まり、そのまま発車した。

 車いすはドアに挟まれたか引っ掛かったかの状態で、ホーム上を約70メートル引きずられるようにして線路に落下したとみられる。女性は電車に乗ったまま次の南与野駅で駅員に連絡。けが人はいなかった。

 同社は電車のドアが異常を検知しなかった原因や落下の経緯などを調査している。

 駅員に対し女性は「電車に乗る時はいつも車いすを手で押して利用している」などと話したという。

最終更新:7/1(土) 22:02
埼玉新聞