ここから本文です

コンタがケガのため準決勝を棄権 [イーストボーン/女子テニス]

7/1(土) 15:00配信

THE TENNIS DAILY

 イギリス・イーストボーンで開催されている「AEGON国際イーストボーン」(WTAプレミア/6月25日~7月1日/賞金総額81万9000ドル/グラスコート)のシングルス準決勝を、地元選手のジョハナ・コンタ(イギリス)がケガのため棄権した。これにより対戦相手だった第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が決勝へ進んだ。

コンタがウォズニアッキを下してキャリア最大のタイトルを獲得 [マイアミ・オープン]

 プリスコバは決勝で第6シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。ウォズニアッキはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したヘザー・ワトソン(イギリス)を6-2 3-6 7-5で破って勝ち上がった。

 イギリステニス協会によるとコンタのケガは胸椎損傷で、来週始まるウィンブルドンでプレーできるかどうかについてのコメントはない。もしもコンタがウィンブルドンでプレーすれば、第6シードとなる。

 コンタは木曜日に行われた準々決勝で第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-3 6-4で破っていた。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: EASTBOURNE, ENGLAND - JUNE 29: Johanna Konta of Great Britain hits a forehand during the ladies singles quarter final match against Angelique Kerber of Germany on day five of the Aegon International Eastbourne at Devonshire Park Lawn Tennis Club on June 29, 2017 in Eastbourne, England. (Photo by Mike Hewitt/Getty Images)

最終更新:7/1(土) 15:00
THE TENNIS DAILY