ここから本文です

旅こそ芸術 藤沢ゆかりのアルゼンチン芸術家が自転車で日本一周

7/1(土) 11:02配信

カナロコ by 神奈川新聞

 藤沢ゆかりのアルゼンチン人芸術家、ガブリエル・デルポンテさん(42)が30日、2年10カ月に及ぶ自転車での日本一周の旅を終え、出発地の藤沢市でゴールを迎えた。創作活動のため、日本各地を回り、自然や人々と触れ合ってきた日々に「言葉に言い表せない経験だった」と充実した表情で語った。

 デルポンテさんは、藤沢市の姉妹都市である米国マイアミビーチ市を拠点に活動するアーティスト。江戸時代の俳人・松尾芭蕉に影響を受けたことから、芭蕉と同様に全国を回り、その体験を芸術作品に生かそうと、自転車で日本縦断するプロジェクトを立ち上げた。

 2014年9月に藤沢を出発し、各地の山間部や島々を回ったという。作品制作に必要な機材を運び、寝袋でのキャンプ生活を続けていた歳月を振り返り「頭と体が付いていかなくて大変だった」と苦労を口にする。その一方で、「日本中で出会った多くの人が支えてくれた」と笑顔も浮かべた。

 来夏には市アートスペース(辻堂神台)で個展が予定されている。デルポンテさんは「この経験は感受性を豊かにし、私の作品も百八十度変わった。旅の成果は、来年の個展で見せたい」と話していた。