ここから本文です

堺の無料フェスにKANA-BOON、ヤバT、坂口有望

7/1(土) 22:00配信

Lmaga.jp

大阪・堺のライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」(堺市堺区)が主催し、2015年に初開催された野外ロックフェス『MIKROCK』が、今年は7月22・23日に「大浜公園」(堺市堺区)で開催。最終追加アーティストとして、同ライブハウスにゆかりのあるKANA-BOON、ヤバイTシャツ屋さん、坂口有望の出演が発表された。

【写真】昨年「堺市役所前広場」で開催されたときの様子

KANA-BOONの大ファンを公言する堺市の竹山市長が「彼らのように、世界へ羽ばたくアーティストを」と堺市の音楽文化発展をこのイベントに託し、「堺市役所前広場」で始まったこのフェス。3回目の今年は会場を「大浜公園」(堺市堺区)と規模を大幅に拡大し、合計7つのステージを設置。約130組のアーティストが出演し、2日間で4万人動員の無料イベントを目指す。

これまでCHAIやShout it Out、密会と耳鳴り、パノラマパナマタウンらアーティストのほか、関西の中学・高等学校の軽音楽部や40歳以上のバンドなど、プロ・アマチュア関係のないさまざまなラインアップが発表されていた。そして今回、「三国ヶ丘FUZZ」で育ち、全国に羽ばたいたKANA-BOON、ヤバイTシャツ屋さん、そして今月26日にメジャーデビューを果たす、16歳の女子高生シンガーソングライター・坂口有望の出演が決定した。

「三国ヶ丘FUZZで育ったプロアーティストから、中高校生バンド、40歳以上バンドまで、幅広いアーティストをブッキングしました。FUZZ18年の歴史を2日間に凝縮したようなフェスです。フードも約100ブース出店します。音楽だけじゃなく食フェスとしても楽しめるので、ぜひ親子三世代で遊びに来てください」と、同ライブハウス店長の田原さん。これだけのライブが楽しめて無料とのことなので、会場ではぜひ募金を。会場の「大浜公園」は南海本線堺駅から徒歩10分。

最終更新:7/1(土) 22:00
Lmaga.jp