ここから本文です

有村藍里、妹・架純にお尻で勝ってる?人間不信になった過去も明かす

7/1(土) 14:35配信

クランクイン!

 タレントの有村藍里が、1日、都内で自身の写真集「i」(講談社)の出版イベントを行った。旧芸名・新井ゆうこから本名に改名後初のイベントとなった有村は、有村架純の姉であることが報じられたことを振り返り、「人間不信になってしまったんです」と明かした。

【関連】写真集出版イベントを行った有村藍里 フォトギャラリー


 「26歳の女性、等身大の自分というテーマで挑みました」と語った有村は、見どころについて、「お尻がすごいきれいだって今まで言っていただけたんですけど、体型的にも、たぶん一番女性らしく、ふっくらした仕上がりになったと思うので、やっぱり体をよく見ていただきたいなと思います」とコメント。準備したことに関しては「5キロ太りました。ご飯をいっぱい食べて、柔らかそうな、女性らしい丸みを帯びた体形になりました」と述懐し、一番の魅力を聞かれると「やっぱりお尻」と回答。妹に勝っているか問われると「ちょっと(笑)」と照れ笑いを見せた。

 「妹の件が記事で報道されてしまって、突然のことで驚いて、すごく人間不信になってしまったんですけれども、そういうものも全部払拭して、新たな覚悟を持って挑もうと思って」と胸の内を明かした有村。姉妹では美容やファッションについて話をすることはあるものの、仕事や恋愛について話をすることはないとのこと。自身の恋については「全くないですね」と苦笑し、好きな男性のタイプについては「こんな私でも許してくれる人なら誰でも」と明かした。

 「最近はバラエティの番組によく呼んでいただけるんですけど、これからもどんどん、『え、それやっちゃうの?』っていうようなことにも挑戦していきたい。全然サバイバルとかもしたいし、もっと面白いことをいっぱいしたいなって思います」と今後の抱負を語った有村。妹が活躍する演技への意欲を問われると、「今まで舞台を2回経験させていただいたことがあるんですけど、すごく楽しかったから、チャンスがあれば挑戦していきたいと思ってます」と意欲を見せた。

最終更新:7/1(土) 14:37
クランクイン!