ここから本文です

田尾氏、決勝3ランの阪神・大山に「持ってると思いたい」

7/1(土) 20:10配信

ベースボールキング

○ 阪神 3 - 1 ヤクルト ●
<11回戦 甲子園>

 阪神のドラフト1位ルーキー・大山悠輔が、チームの連敗を止める貴重なプロ初安打・初本塁打を放った。

 『5番・一塁』でスタメン出場した大山は、二死一、三塁で迎えた第1打席は空振り三振。3回の第2打席も、二死二、三塁とチャンスで打席が回ってくる。この打席は結果を残したい大山は、ヤクルト先発・原樹理が投じたストレートを振り抜くと、打球はレフトスタンドに突き刺先制の3ランとなった。阪神はこのリードを守り切り、3-1で勝利。連敗を8でストップした。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務める田尾安志氏は「スターになる選手かもしれないなと感じるのは、3ランが決勝ホームラン」と話す。

 その理由について「若いバッターが打っても、味方ピッチャーが打たれてヒーローになれないということがあるんですよ。そういう意味では、初ヒットが初ホームランそれがゲームを決める決勝ホームラン。大山は持ってるなと思いたいですね」と説明した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/17(木) 4:45