ここから本文です

香月日輪さんの小説 テレビアニメ化

7/1(土) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県田辺市出身の作家、香月日輪(こうづき・ひのわ、本名・杉野忍)さんの小説を漫画化した「妖怪アパートの幽雅(ゆうが)な日常」が今月から、テレビアニメ化される。香月さんは2014年12月、病気のために51歳で死去。兄の杉野亨さん(59)=田辺市あけぼの=は「妹はアニメ化を熱望していたので、天国でとても喜んでいると思う」と話している。

 香月さんは田辺第二小学校、東陽中学校、田辺商業高校(現・神島高校)を卒業した後、神戸市にある英語学校に進学。1994年に「地獄堂霊界通信 ワルガキ、幽霊にびびる!」で作家デビューし、95年に同作が日本児童文学者協会新人賞を受賞した。

 2004年に「妖怪アパートの幽雅な日常1」が産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。この小説を漫画化した同作が、講談社の「月刊少年シリウス」(漫画・深山和香)で11年7月号から連載されている。

 「妖怪アパート」は、関西では、読売テレビで4日午前2時7分から放送開始。第2話は11日午前2時4分からで、第3話以降は毎週火曜の午前1時59分から。

最終更新:7/1(土) 17:00
紀伊民報