ここから本文です

「みんなの憧れでいられるように」…サッカースクールに臨んだ吉田麻也、子どもたちに活躍を誓う

7/1(土) 15:02配信

SOCCER KING

 Sportサッカースクールが1日に千葉県内で開催され、サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が登場した。

【動画】吉田麻也がアニメキャラ化!

 サッカースクールには小学校4年生から6年生までの40名が参加。2人1組でボールを奪い合うウォーミングアップからスタートした。続いて「Maya's スキル」と題し、ヘディングと相手が後ろを向いている時の対応を実践。ヘディングの練習では、吉田が「相手を見ること。あとはタイミングと頭の角度を意識してみよう」と子どもたちに呼び掛けた。

 その後は4チームに分かれてゲームに突入。吉田は本職の守備のみならず、好機と見るやいなや裏へと抜け出し、鋭いシュートを叩き込んだ。味方のシュートがゴールライン上で相手GKにセーブされると「いや、今の入ってたって! お父さん、お母さん、今の入ってますよね?」と抗議する場面もあり、終始“本気モード”で会場を沸かせた。

 質問コーナーでは「仲のいい選手は誰ですか?」や「普段はどんな練習をしていますか?」という質問が飛ぶ中、「昌子源選手とはいいコンビだと思いますか?」という質問も。これに対して吉田は「逆にどう思った?」と逆質問。「いいと思った」という回答があると、「でも、まだ2試合だからね。また森重(真人)選手と組むかもしれないし、昌子選手と森重選手が組むかもしれない。日本代表は仲間でありライバル。次のオーストラリア代表戦に勝って、ワールドカップ出場を決めたいと思います」と意気込みを語った。

 最後に子どもたちへ向けて「サッカーも勉強も遊びも全力で頑張って下さい。あとは、お父さんやお母さんのおかげでサッカーができているので、感謝の気持ちを忘れないように!」とメッセージ送った。続けて「みんなは次の次の次くらいのワールドカップに出られるかもしれない。その時は流石にもう日本代表にいないと思うけど、みんなの憧れでいられるように頑張ります」と子どもたちの前で活躍を誓った。

「週末はサッカー教室か結婚式をやっている(笑)」という吉田は、90分間のサッカースクールを終え「なかなか日本の子どもたちに触れ合う機会は少ないですし、みんなが楽しんでくれたからいいかな。子どもたちから純粋にエネルギーをもらえるし、自分が結果にこだわるシーズンを送ってきたので、サッカーを楽しむ心を教えてもらったなと思います」と笑顔で振り返った。

SOCCER KING

最終更新:7/1(土) 15:02
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1