ここから本文です

バルサ、下部出身FWデウロフェウの買い戻しを発表…2年ぶりの古巣復帰へ

7/1(土) 1:20配信

SOCCER KING

 バルセロナは6月30日、スペイン代表FWジェラール・デウロフェウの買い戻しオプションを行使することをクラブ公式サイトで発表した。

 バルセロナは、2015年にデウロフェウがエヴァートンに移籍した際、契約に最初の2年間で買い戻しができる条項を加えていた。今回そのオプションを行使することを発表し、今後数日間でエヴァートンとデウロフェウと条件面の交渉を行う模様。また、同選手とは2019年6月30日までの契約を締結する予定だという。

 デウロフェウはバルセロナの下部組織出身で、2013年にトップチームへ昇格。だが、その後はエヴァートンやセビージャへのレンタル移籍が続き、2015年6月にエヴァートンへ完全移籍した。

 2016-17シーズンは冬からミランにレンタル移籍し、セリエA17試合出場4ゴールの活躍を見せ、約3年ぶりのスペイン代表復帰も果たした。一時はバルセロナ移籍を拒否したとの報道もあったが、2年ぶりに古巣復帰が決まった。

 なお、同選手は現在ポーランドで行われているU-21欧州選手権に参加し、スペイン代表のキャプテンも務め、決勝進出に貢献。6月30日に行われる決勝ではドイツと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:7/1(土) 1:20
SOCCER KING