ここから本文です

反町監督の采配ズバリ!途中出場セルジーニョの決勝点で松本が山口に競り勝つ

7/1(土) 20:31配信

ゲキサカ

[7.1 J2第21節 山口1-2松本 維新公園]

 J2リーグは1日、第21節を行った。松本山雅FCは敵地でレノファ山口FCと対戦し、2-1で勝利。3試合負けなし(2勝1分)とした。一方、前節連敗をストップした山口は今季初の連勝とはならなかった。

 試合は前半16分に動いた。松本はPA手前からFW石原崇兆のダイレクトパスを送ると、これに反応したMF工藤浩平がチップキック。GK村上昌謙の頭上を突くループシュートを流し込み、松本が先制に成功した。

 1点ビハインドの山口は前半40分、自陣からのロングフィードを受けたFW岸田和人が巧みなトラップで裏に抜け出し、PA右から右足シュート。GK鈴木智幸が弾いたボールをクリアしようとしたDF橋内優也に岸田がプレッシャーをかけ、こぼれたボールをMF三幸秀稔が左足でねじ込み、前半のうちに同点に追いつく。アディショナルタイムには、石原のミドルシュートを浴びたが右ポストに助けられた。

 勝ち越しを狙う松本はハーフタイムでFW山本大貴を下げてFW高崎寛之を入れる。3分には、縦パスを受けた石原が反転してドリブルで相手をかわし、PA右から右足シュートを放つもGK村上のセーブに遭う。11分には、左サイドから石原が鋭いクロスを供給。これをDF飯田真輝がヘディングで合わせたが、これもGK村上の好セーブに阻まれた。

 その後は一進一退の攻防が続いたが、決勝点は後半40分に生まれた。松本は左サイドからMF岩間雄大が上げたクロスを途中出場のMFセルジーニョがヘディングシュート。今季加入したブラジル人助っ人のリーグ戦初ゴールで松本が2-1で競り勝った。

最終更新:7/1(土) 20:31
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合