ここから本文です

大黒摩季さん来場の熊本がフィーバー!!3位東京Vに4-0圧勝で連敗を5で止める

7/1(土) 21:14配信

ゲキサカ

[7.1 J2第21節 熊本4-0東京V えがおS]

 19位のロアッソ熊本がホームでサプライズを起こした。直近4試合で無得点とゴール欠乏症に苦しんでいたが、3位東京ヴェルディを相手に大量4得点。4-0で逃げ切り、連敗を5でストップした。

 熊本は前節の山口戦(0-2)から先発5人を変更。DF村上巧が4試合ぶり、DF園田拓也と出場停止明けのFW安柄俊が2試合ぶり、DF光永祐也が7試合ぶり、FW八久保颯が17試合ぶりにスターティングメンバーに名を連ねた。一方、東京Vは前節の町田戦(4-2)からの変更はなし。フォーメーションも従来の3-4-2-1で臨んだ。

 昨年の震災後から復興支援活動に取り組んでいる歌手の大黒摩季さんがスタジアムに来場し、試合前にスペシャルミニライブを開催した熊本。前半26分、左サイドから園田が送ったロングパスをFW八久保颯が受けて抜け出し、PA内でGK柴崎貴広もかわして左足で流し込む。

 先制した熊本はさらに前半44分、安柄俊が敵陣中央から右足で強烈なミドルシュートをゴール右へと突き刺し、追加点を奪取。さらに同アディショナルタイム2分には安柄俊の強引な突破から、PA内にこぼれたボールを拾ったMF上村周平が右足で冷静に流し込み、プロ4年目にしてJリーグ初得点を挙げた。

 直近4試合で無得点に終わっていた19位熊本が3位東京Vに対し、前半だけで3ゴールを奪うサプライズ。ハーフタイム明けもペースを握ると後半27分、PA右角付近からDF黒木晃平が右足を振り抜く。地を這うシュートがゴール左隅へと一直線に吸い込まれ、4-0とした。

 熊本はそのまま相手の反撃をシャットアウトし、見事に完封勝利。連敗を5で止め、7試合ぶりの白星を手にした。東京Vは第16節の長崎戦(0-1)以来のノーゴールで5試合ぶりの黒星。3位から5位に後退した。

最終更新:7/1(土) 21:14
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報