ここから本文です

2発の渡大生がキャリアハイの14点目!徳島が愛媛との四国ダービーを制す

7/1(土) 22:05配信

ゲキサカ

[7.1 J2第21節 徳島4-1愛媛 鳴門大塚]

 徳島ヴォルティスが愛媛FCに4-1で勝利し、四国ダービーを制した。これで徳島は3連勝、愛媛は今季3度目の連敗となった。

 試合は前半終了間際に動く。徳島は41分、MF馬渡和彰がPA右から放ったシュートはGKパク・ソンスに止められたが、こぼれ球をMF島屋八徳が押し込み先制点。前半を1-0で折り返した。

 早い時間に追いつきたい愛媛は後半5分にPKを獲得。これをFW河原和寿が冷静にゴール右隅に流し込み、試合を振り出しに戻した。

 追いつかれた徳島は後半15分、MF岩尾憲の右CKから島屋がダイレクトシュート。これが相手に当たってオウンゴールで再びリードを奪う。さらに19分、ドリブルで仕掛けたMF杉本太郎がPA右から中央に入れ、FW渡大生が反転から左足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。

 勢いの止まらない徳島は後半30分、岩尾の浮き球パスで抜け出したFW山崎凌吾がPA右に侵入し、GKパク・ソンスをかわして冷静に中央に折り返す。これを渡が左足で沈めて勝負あり。徳島が4-1で快勝し、渡はキャリアハイの14得点目をマークした。

最終更新:7/1(土) 22:05
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合