ここから本文です

チェルシー、カバジェロをフリーで獲得...ボーンマスに移籍したベゴビッチの後釜に

7/2(日) 8:27配信

GOAL

チェルシーが、今夏マンチェスター・シティを退団したGKウィリー・カバジェロと契約を結んだことを発表した。

2014年にマンチェスター・シティへと加入したカバジェロは、クラブとの契約が満了となり、フリーで第2GKのアスミル・ベゴビッチが退団したチェルシーに加入することが決定。昨シーズン、シティで26試合に出場したアルゼンチン代表GKは、ベルギー代表のティボー・クルトゥワと守護神の座を争うことになる。

カバジェロは、クラブの公式サイトで「イングランドのチャンピオンであるチェルシーに加入できて幸せだ。新しい仲間に会うことを楽しみにしている。そして、クラブが新シーズンで多くの成功を収められるように貢献したい」と移籍の喜びを語っている。

テクニカルディレクターのマイケル・エメナロ氏も「ウィリーを獲得できて満足している。彼はプレミアリーグを熟知している選手だ。彼をクラブに迎えられることをうれしく思う」とカバジェロへの期待を口にした。

GOAL

最終更新:7/2(日) 8:27
GOAL