ここから本文です

総務省、事例や導入方法を示す「教育ICTガイドブック」公開

7/2(日) 10:15配信

リセマム

 総務省は6月30日、教育現場における教育ICT先進事例と手順をまとめた「教育ICTガイドブック Ver.1」と、事業者や自治体向けに参考となる事項を整理した「教育クラウドプラットフォーム参考仕様」を公開した。

総務省「教育ICTガイドブック Ver.1」

 総務省は、平成26年度から平成28年度まで「先導的教育システム実証事業」として、「教育クラウドプラットフォーム」の実証を行った。教育クラウドプラットフォームは、時間や場所、端末やOSを選ばず、最先端のデジタル教材などを低コストで導入、利用、運用可能な点が特徴。今回公開されたふたつの資料は、実証に基づく成果などをガイドブックにまとめ、公表したもの。

 「教育ICTガイドブック Ver.1」は、「事例編」で教育ICT先進事例を紹介。都道府県や市区町村の例の実例をあげ、教育ICTをどのように活用しているかを取り上げる。「手順編」では、クラウドベースのICT活用として準備から運用、検証まで、クラウドベースのICTを活用する実現プロセスを公開している。

 「教育クラウドプラットフォーム参考仕様」は、教育ICTに係る実装・提供を行う事業者にとって参考となる事項を整理した「教育クラウドプラットフォーム等 参考技術仕様」と、当該仕様に準拠したものを始めとする教育クラウドプラットフォーム等を自治体等が導入・調達する際に参考にできる「教育クラウドプラットフォーム等 参考調達仕様」を作成した。参考調達仕様は、解説編も公開されている。

 いずれの資料とも総務省のWebサイトで閲覧できる。

《リセマム 佐藤亜希》

最終更新:7/2(日) 10:15
リセマム