ここから本文です

リヨン、レアルから23歳のストライカーを獲得...ラカゼットの後釜確保か

7/2(日) 9:26配信

GOAL

リヨンは、レアル・マドリーからFWマリアーノ・ディアスを800万ユーロ(約10億円)で獲得したことを発表している。

移籍市場で活発な動きを見せるリヨンは、フェルナンド・マルカル、バートランド・トラオレ、フェルランド・メンディに次ぐ今夏4人目の新戦力としてマリアーノと5年契約を締結。主力FWのアレクサンドル・ラカゼットの移籍がささやかれる中、30日に双方のクラブが同選手の移籍を正式に発表している。

レアルは、23歳のマリアーノに「数年間に渡る彼の献身さに感謝を伝えたい。そして新天地での幸運を祈っている」とコメントを発表。

リヨンから背番号11を与えられたマリアーノは、2011年にレアルの下部組織に入団し、昨年8月のセルタ戦でトップチームデビューを果たす。12月に初ゴールをマークし、全公式戦で4ゴールを奪うも、十分な出場機会を得られない状態が続き、今夏サンティアゴ・ベルナベウから離れることが決まった。

GOAL

最終更新:7/2(日) 9:26
GOAL