ここから本文です

テニス=ジョコビッチが優勝、エイゴン国際

7/2(日) 8:40配信

ロイター

[1日 ロイター] - テニスのエイゴン国際は1日、英国のイーストボーンで試合を行い、男子シングルス決勝では、世界ランク4位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのガエル・モンフィス(フランス)を6─3、6─4で下し、今季2回目の優勝を果たした。

同大会での初優勝となったジョコビッチは試合後、親友でもあるマリオ・アンチッチ氏(33、クロアチア)をコーチの一員としてチームに迎えたと発表。アンドレ・アガシ氏(米国)とともに助言を行うことになるという。

3日には四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権が開幕。ジョコビッチが優勝した場合、ATPツアーとグランドスラムの2大会連続優勝は1998年の全米オープンとその前哨戦で果たしたパトリック・ラフター(オーストラリア)以来の快挙となる。

女子シングルスでは、第3シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)が第6シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)をストレートで下し、優勝した。

最終更新:7/2(日) 8:40
ロイター