ここから本文です

老ク連女性部「元気に楽しく過ごそう」 初料理教室で交流―熱海

7/2(日) 10:32配信

伊豆新聞

 熱海市老人クラブ連合会(森朝子会長)の女性部会は1日、市いきいきプラザで料理教室を初開催し、本格的な活動のスタートを切った。会員13人が調理を楽しみながら和やかに交流を深めた。今後、終活やメークのセミナー、研修旅行などを計画していて、部会長でもある森会長は「女性たちが元気で楽しく過ごせるように、部会の活動を進めていきたい」と話した。

 女性部会は前年度に新たな態勢で立ち上げ、独自の活動の在り方を検討してきた。「健康」をテーマに活動する方針を決め、第1弾として健康づくりの基本となる「食」に関する教室を企画した。

 市健康づくり食生活推進協議会(岡部昭子会長)の協力を得て開き、「つるつるゆで豚」「温野菜サラダ」「カボチャのポタージュ」とデザート「ヨーグルトバナナ」の4品を作った。参加者は岡部さんらに調理の手順やポイントを聞き、手際よく作業を進めた。

 出来上がった料理は昼食に味わい、歓談した。「自分たちの会でも作ってみたい」「一人で家で食べるよりもおいしかった」といった声が上がった。森北よし子さん(77)は「皆で作るのは楽しいし、勉強になった」と満足そうな笑顔を見せた。

 【写説】料理を楽しむ女性部会の会員たち=市いきいきプラザ

最終更新:7/2(日) 10:32
伊豆新聞