ここから本文です

ブラック企業が激変!『魔王が社長になったなら』 実体験を元に漫画化、作者「モデルは今の社長です」

7/3(月) 6:50配信

withnews

 ブラック企業の社長に「魔王」が就任したらどうなるのか? そんなテーマで描かれた漫画がネット上で話題になっています。ロールプレイングゲーム(RPG)に当てはめながら社内を改革し、社員からの人望を集めるというストーリーです。「自分の体験をもとに描いた」と話す作者に話を聞きました。

【画像】漫画はこちら。前社長の「パソコン、XPで十分だろ」に対して、魔王は「ヒノキの棒で戦うのか?」

「パソコン!? XPで十分だろ」

 6月26日、「魔王がブラック企業社長になった漫画です」という文言とともにツイッター投稿された4ページの漫画。

 最初のページで、勇者に敗れた魔王が別次元から転生してきて、企業の社長に就任します。社員からは「ブラック企業からダークネス企業に!?」といった声も上がりますが、新社長の方針は会社を変えていきます。

 前社長が「パソコン!? XPで十分だろ」と言っていたのに対し、魔王は最新機を導入。そうしてRPGの装備に例えながら、こう言います。

 「キサマらは魔王を倒すのにヒノキの棒で戦うのか? 装備は我が整えた しからば働け! 人間ども」

 サービス残業をしている女性社員に対しては、かつて戦った勇者のセリフ「世界崩壊まで1時間 絶対に負けられない」を引き合いに出して、「限られた時間だからこそ全力を尽くせる あの勇者のように」と諭します。その上で「勤務時間内で馬車馬のように働け」と言います。

 最後のページではボーナスを支給。「忠誠を誓う配下の面倒をみるのは王の務め」「使命、義務、精神論で戦える者は一部の狂人のみ」「より高い地位 より高い報酬が欲しければ、働くがいい 人間!!」と述べると、社員たちは心の中で「一生ついていきます!」と誓います。

「魔王軍がなぜ強いのか理解出来た」

 この漫画に対して、「魔王軍がなぜ強いのか理解出来た」「ブラック企業の社長が転生先でボロボロにされてるの見たい」といったコメントが寄せられ、リツイートは14万、いいねは20万を超えています。

 この漫画の作者は、webを中心に活動しているアマチュア漫画家のベニガシラさん。同人サークル「ポッポ焼き屋」を主催しています。

 「魔王の考え方は、いま働いている会社の社長がモデルになっています」と話すベニガシラさんに話を聞きました。

 ――社長を魔王に置き換えてみようと思ったきっかけは

 「転生ものが流行っていたので、『逆に異世界側から現実に転生したら面白い』『魔王が社長になったらどうなるだろう?』と肉付けしていって、完成しました」

 ――RPGと企業の共通点を探すのは苦労しましたか

 「意外と共通点が多く、悩まず設定が出てきました」

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 6:50
withnews