ここから本文です

【ボクシング】パッキャオ敗れる、新王者は無敗のホーン

7/2(日) 14:24配信

イーファイト

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
2017年7月2日 オーストラリア・ブリスベン

【フォト】メイウェザーに右ストレートをヒットさせるパッキャオ

◯ジェフ・ホーン(29=同級1位/オーストラリア)
判定3-0 (117-111、115-113、115-113)
●マニー・パッキャオ(38=同級王者/フィリピン)

 6階級制覇の王者・マニー・パッキャオに対するは同級1位のジェフ・ホーン。2012年ロンドン五輪でベスト8、翌年プロデビューし、17戦16勝(11KO)1分の無敗のチャレンジャーだ。昨年4月には元世界王者のランドール・ベイリー(アメリカ)に7回終了TKO勝ちを収めている。

 試合はジェフ・ホーンが1Rから積極的に前に出、パンチを連打しパッキャオをロープに詰め試合を有利に進める。2Rからパッキャオは左を2発ヒットさせ徐々に反撃に出る。
3R、パッキャオのヒットが増え始めホーンは右目の上をカット。5Rにはホーンの出血が激しくなるが、6R、ホーンが飛び込んで距離を詰め頭を下げての連打戦法で、バッティングによりパッキャオが頭部から出血。

7R、ホーンの頭を下げてボディを連打するアグレッシブなファイトでパッキャオが再び出血。連打でパッキャオをロープに詰めるも近距離からもパッキャオは細かくアッパーやフックを入れていくがホーンの連打で優勢に試合を進める。

 しかし、9R、疲れからか動きの鈍ったホーンにパッキャオがどんどん前に出てワンツー、フックを次々とヒットさせる。後半、疲れとダメージで足がぐらついたホーンだがなんとか持ちこたえる。パッキャオのKOが期待されたが、10R、前ラウンドでアグレッシブなファイトをしたパッキャオは、スタミナを使い切ったか動きが少なくなり、ホーンが回復の連打。パッキャオは防戦が目立つ。

 最終の12R、パッキャオは前に出るホーンに合わせパンチを当てていくが、終盤、パッキャオがコーナーに詰められお互い連打したところで試合終了、判定3-0でホーンがパッキャオを破り、無敗のまま新王者に輝いた。

 試合後パッキャオは「この試合で多くを学んだ。次の試合に生かします。ホーンとまたやります」とコメントした。

最終更新:7/2(日) 14:44
イーファイト