ここから本文です

【磐田】名波監督、新潟・呂比須監督との仏W杯戦士指揮官対決に勝利

7/2(日) 6:05配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ 第17節 新潟0―2磐田(1日・デンカビッグスワンスタジアム)

 98年フランスW杯日本代表の指揮官としての初対決は磐田・名波浩監督(44)に軍配が上がった。

 オウンゴールで先制すると、後半9分にはMF桜内がミドル弾を決め「我々は3連勝中。自信の差が出たね」と喜んだ。97年に帰化した新潟の呂比須ワグナー監督(48)とはW杯初出場をかけたアジア最終予選で共闘。盟友を下し、11年ぶりの4連勝を飾った。好調の要因は結束力だ。「ロッカーの雰囲気がいい」。以前は試合開始直後に選手間で攻撃に対する温度差があり、指揮官が「最初からいけ!」などと声を出し修正させていた。だが今は「ふわっとすることがなくなった」と手応えを感じている。J2時代の14年9月に就任してから4季目。「指1本でも上位陣にしがみつく」とV候補に名乗りを上げていく。(山田 豊)

最終更新:7/2(日) 6:05
スポーツ報知