ここから本文です

強いボールはあるのか?2017年前半戦の勝率を調べてみた

7/2(日) 16:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

国内ツアーは今週、男女ともにオープンウィーク。ここまで2017年シーズンは男子が9試合、女子は17戦を終了した。次々に新製品が持ち込まれるツアーの現場で、優勝に貢献したボールはどれだったのかを調べてみた。

【グラフィック】今季女子ゴルフのTV視聴率の推移

まずは、国内男女ツアーの優勝者が使用したボールをメーカー別にまとめた。タイトリスト11勝、ダンロップ8勝、ブリヂストン4勝、キャロウェイ3勝という内訳だった。

ブランド別の勝利数

1位11勝
タイトリスト プロV1xボール
2位4勝
ダンロップ スリクソン Zスター XV ボール
3位3勝
ブリヂストン ツアー B330X ボール
ダンロップ スリクソン Zスター ボール(2015年)

種類別の勝利数を見ていくと、今年2月発売のタイトリスト プロV1xボールが1位。タイトリストの11勝はすべてこのボールだ。

特に男子選手の支持は大きく、9戦のうち6勝をマーク。女子はタイトリスト契約の菊地絵理香、2勝の鈴木愛らが使って計5勝を挙げた。

2位は同じく今年2月に発売されたダンロップ スリクソン Zスター XV ボールで、4勝だった。男子のプラヤド・マークセン(タイ)、女子の若林舞衣子、吉田弓美子、青木瀬令奈が1勝ずつ挙げた。

ダンロップは2015年モデルのダンロップ スリクソン Zスター ボール(2015年)でも、3位にランクインした。3勝を挙げた女子賞金トップのキム・ハヌル(韓国)が愛用している。

ブリヂストン ツアー B330X ボールも、3勝で3位だった。男子の宮里優作が2連勝を挙げ、ブリヂストン契約の西山ゆかりが1勝した。