ここから本文です

(文化の扉 歴史編)異説あり 西郷隆盛=征韓論者 長州閥による政敵攻撃の戦術?

7/2(日) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 維新の立役者・西郷隆盛(1828~77)が唱えたと言われ、明治政府が割れる契機になったとされる、朝鮮出兵を前提とした「征韓論」。が、最初に唱えたのは西郷ではなく、西郷は平和的解決を目指していたとの説が注目されている。

 一般に言われる「征韓論」は、武力をもって当時鎖国状態にあった朝鮮を開国させようとした政策のことだ。維新三傑の1人で、明治政府の参議・陸軍大将を務めた薩摩出身の西郷隆盛が唱えたとされる。
 これに基づいて1873(明治6)年、朝鮮への西郷の使節派遣が閣議決定された。だが、欧州視察から帰国した大久保利通や木戸孝允ら、国内整備を優先する「内治派」が反対。……本文:4,054文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社